ブログ

【越境EC】アフタークリスマスセール!クリスマス後もまだまだ売れる!

こんにちは!
アメリカ在住の川俣です。

いよいよクリスマスですね!

既に多くのアメリカの企業は
ウインターブレイク(冬期休暇)に入っており、
街中は完全にホリデーモードです。

子供たちはクリスマスを心待ちにしていますが、

大人は一年で最も大きなセールである
クリスマス後のアフタークリスマスセールを
楽しみにしています。

 

毎年12月26日はアフタークリスマスセールの開始日

 

クリスマスの翌日12月26日は
毎年アフタークリスマスセールの開始日となります。

つまり25日が過ぎても、
クリスマス商戦は終わりません!

実際、多くの買い物客がお店に出向きます。

コンシューマーレポートによると

26日は、アフタークリスマスに
10人中4人の割合で買物に行くとされています。

また同調査によると、

26日以降にも買物をする理由として
80%以上の人が「セール」を挙げています。

年末の在庫処分でクリアランスセールを
行うのもこの時期ですね。

また買い物に行く人の半数がクリスマスに
プレゼントとしてもらった

「ギフトカードを使うため」

とされています。

 

ターゲットはギフトカードを持つ顧客!

 

アメリカのクリスマスプレゼントには
商品以外にも、

「ギフトカードを渡す習慣があります。」

そういった人たちに対して、

クリスマス後は、
何処の大手チェーンストアも大々的に販促広告を打ち出します。

必ずしも全ての商品がセールになるわけではないですが、

どのストアも目玉品を販売し、
消費者に「まだ何か大安売りをやっている!」と思わせ、

【狙いはギフトカードをもつお客へのマーケティング】

ですね。

11月下旬の感謝祭が終わった辺りから、
クリスマスまでの1ヶ月間は、

「人にプレゼントするため」

のお買い物をする人が多いですが、

クリスマス後は、

「自分が欲しいものを購入」する人が多いです。

そういった顧客に対して、
引き続き販促を行っていきましょう。

 

PAGE TOP