ブログ

【越境EC】カナダのバレンタインデーは子供達も楽しめるイベント!小さいギフトが人気です。

こんにちは!
カナダ在住の池長です。

つい先日年が明けたと
思っていたのに、気が付くと
1月も残り少なくなってきましたね。

1月はイベントが無く静かですが
2月に入ると、バレンタインデーや
ファミリーデーがあったりと、また
忙しくなってきます。

今日は2月にあるイベントの1つ、
バレンタインデーについて
お話したいと思います。

 

カナダのバレンタインはチョコレートだけではない、カード交換も人気!

 

外国のバレンタインデーは、
男性から女性に贈り物をするのが
一般的というのはご存知の方も
多いと思います。

カナダのバレンタインデーは
カップルだけのロマンティックな
イベントではありません。

プリスクールや小学校では、
子供たちがクラス全員で、
バレンタインカードの交換をします。

息子がプリスクールに通っていた時は
皆にカードを入れてもらうための
バレンタインボックスを家で手作りするという
宿題がありました^^;

バレンタインデー前になると
Walmartやdollar storeなどで
10~20枚くらいがセットになった
カードがたくさん売られています。

カードと一緒にキャンディーや
鉛筆、消しゴムなど小さい文房具や
おもちゃを付けて送る子もいます。

可愛いタトゥーシールも人気です。

 

Amazonでもバレンタイングッズを入手できる

 

実店舗では早めに購入しないと
売り切れてしまうので、ギリギリまで
行動しない私は、毎年Amazonで
購入しています。

Amazon.caで
「valentines gifts for kids school」

と検索すると、子供たちが
バレンタインデーに持ってくるカードや
ギフトが色々と出てきますので、
是非見てみてください。

こういった小さなギフトは、
バレンタイン以外にも
色んな用途に使われます。

例えば、息子たちの先生は、
クラスで子供達が何かを達成すると、

ご褒美にこういった物を
事あるごとにプレゼントしてくれます。

こんなのどこで売っているんだろうと
思っていたら、Amazonやebayに
たくさん売っていました。

カナダのバレンタインは子供も楽しめる楽しいイベント

 

私が小学生の頃、日本の学校では
チョコレートを持ってくる事を
禁止されていたのですが、

カナダのスクールでは、クラス全員に
カップケーキやクッキーなどを作って、
持って来てくれるお母さん達もおり、
子供たちにとってとても楽しい
イベントです。

国によって色んな違いがあって
面白いですよね。
日本の義理チョコは独特な
文化だと思います。

皆さんも是非、バレンタインデーを
楽しんでくださいね。

 

PAGE TOP