ブログ

ebayハンドリングタイムを理解してトラブルのないようにしよう!

 

この記事では、eBayで輸出ビジネスをしている方、またはこれから始めようとしている方のために

・ハンドリングタイムの詳しい説明
・詳しい設定の方法
・最適な日数設定について
・発送代行を使うべき理由

を、お伝えします。
この記事を読むことで、ハンドリングタイムを正しく理解し、ベストな設定ができるようになります。

 

ebayのハンドリングタイムってなに?

ハンドリングタイム(Handling Time)とは

eBayで【商品を発送するまでの期間】のことです。
商品が売れてから何営業日以内に発送をします。と言った情報のことですね。
ハンドリングタイムは、商品が落札された日ではなく、決済が行われた日が0日目になります。

つまり、落札と同時に決済が行われた場合は、落札当日が0日目になり、落札から3日後に決済が行われた場合は落札の3日後がハンドリングタイム0日目になります。

ハンドリングタイムの選択肢

次にハンドリングタイム(Handling Time)の選択肢です。
eBayでは、画像のタブをクリックすると選択肢として以下の通り表示されます。

Same Business day
1 Business day
2 Business days
3 Business days
4 Business days
5 Business days
10 Business days
15 Business days
20 Business days
30 Business days

Business daysとは、営業日、つまり平日のことです。
ひとつめのSame Business dayというのは、決済があったその日に発送をするという意味になり、
1 Business dayだと、1営業日以内に発送をします、5 Business daysなら5営業日以内といった通りです。

eBayのハンドリングタイムの基準時間

eBayのハンドリングタイムは、2018年2月以前までは、アメリカ西海岸の標準時間である太平洋標準時間(PST)が基準となっていましたが、現在は、日本時間が基準となっています。

以前は、時差を考えなければいけなかったのですが、だいぶわかりやすくなりました。
※動画内では、アメリカ時間が基準と言っていますが、2018年に改訂されています

土日祝日はハンドリングタイムのカウントはされないので、そこだけ覚えておきましょう。
例として、3 Business daysの設定をしている商品が売れた時のことを考えてみます。

1.決済日が金曜日だった場合、翌週の水曜日が発送の期限になります。
2.決済日が火曜日だった場合、同じ週の金曜日が発送の期限になります。
3.決済日が月曜日で翌日が祝日だった場合、同じ週の金曜日が発送の期限になります。

eBayのハンドリングタイムの設定方法とは?

ハンドリングタイムは、商品を出品する際、送料設定の画面で指定する事になります。
ただし、出品数が増えてくると、毎回これを入力を行うのは手間になってきます。あらかじめ送料設定を作っておきましょう。
これを、シッピングポリシー(Shipping policy)と言います。また、ポリシーをストックしておくことをビジネスポリシーと言います。

設定を行う場所は下記の通りです。
・My eBay > My Account > business policies > Shipping policy

下記画像ページの、Create Policyをクリックすると、次のページ中央部にハンドリングタイム(Handling time)の項目があります

 

eBayのハンドリングタイムの日数設定のベストを教えて!

購入者にとっての利便性と自分の仕入れ・発送状況に合わせる

ハンドリングタイムは自分で自由に決めることができます。ただし、購入者にとって不便を感じるような設定はなるべく避けましょう。
例えば、出品している商品全てのハンドリングタイムが10 Business daysに設定されていたとします。そうすると、なるべく早く商品が欲しいと思っている購入者にはすぐに送ってくれないなら他を探そうと思われてしまったり、eBay側から見ても、親切な出品者には映りません。
そうなると結果的に、eBayでの検索順位が下がります。

逆にハンドリングタイムが短いと検索で上位に来ると言われています。
しかし、前述の通り、期限内の発送が間に合わなかった場合アカウントに傷が付いてしまうリスクがあり、本末転倒になってしまいますので、可能な範囲内での設定をしていきましょう。

在庫の有無によって、ハンドリングタイムを変える

一般的には、
・在庫がある場合は、3 Business days
・無在庫商品の場合は5 Business days
こういった設定の方が多いようです。

では、最長である、30Business daysを選ぶ時はどのような場合が考えられるでしょうか?
eBayでは、”どんなに遅くても30営業日以内には発送してください”という規約があります。
その為、ハンドリングタイムの最長が30Business daysに設定されてるわけですね。

このルールをうまく使って出来ることが、予約商品の販売です。
予約販売というテクニックをうまく使いこなすことが出来れば、差別化を図り、売上を伸ばすことも可能でしょう。
ただし、気を付けなければいけない事もあるので、注意点をまとめました。

予約販売をする際の注意点

・プレオーダー・プレセール・PSL等のワードを商品名の先頭に付けて、予約商品であることが分かりやすくしておく
・ハンドリングタイムを30 business daysとしておく
・商品の説明文の中に実際の発売日を明記しておく

トラッキング番号のアップロード

発送期限日の23時59分までに、必ず発送を完了させトラッキング番号をアップロードしましょう。トラッキング番号をアップロードすると、ステータスが発送済み(shipped)となり、この瞬間が期限までに遅れると、ディフェクトレートがついてアカウントに傷がついてしまいます。

以前は、期限内に間に合わない時は仮のトラッキング番号をアップロードし、実際に発送をしてからアップデートをするという方法を撮っている方がいましたが、トラッキング番号のアップデートという行為自体が発送遅延とみなされてしまうことがあるので、根本的解決とはいかないようです。

では、どうしたらいいか?

実際に使う送り状を印刷しておき、そのトラッキング番号を入れておく、というのであればルール上は問題ありません。商品の重さがわかっている必要があることや、購入者の方への連絡は忘れずに入れておく、など気をつけなければいけないことはありますが、もしもの時の為に覚えておいて損はないでしょう。
ただ、繰り返しになりますが、ハンドリングタイムの基準は、日本時間になっているので、発送期限を確認し、落札〜発送までのスケジュールをしっかりと組めるようにしておきましょう。

発送代行は使った方がいい理由

手数料を払ってでも、発送代行を使うべきです特にeBayを始めたばかりのうちは、発送までのスケジュールの組み方も慣れていないので、ハンドリングタイムギリギリになりがちです。

・いつまでも売れた商品が家の中にある
・なかなか梱包にとりかからない
・ギリギリになってバタバタする
・夜中に郵便局に持っていく
・最終日に会社の昼休みに慌てて持っていく

など、このようなこと起きていませんか?これら全て、発送代行を使うことで解消されます。繰り返しですが、手数料を支払ってでも発送代行は使うべきです。売れたら、すぐに発送代行に任せるという流れを作れるといいでしょう。

ハンドリングタイムを適切に設定し、売上UPに繋げよう

ハンドリングタイムについておわかりいただけたでしょうか。

・2018年の改正後、日本時間が基準になって分かりやすくなった
・日本の土日祝日は含まない
・在庫の有無や、販売方法によってハンドリングタイムを変える
・期限内でもなるべく早い発送を心がける
・発送代行をうまく使う

 この辺りをしっかりと理解することで売上に繋がってきます。eBayをこれから始めようと考えている方も、是非参考にしてみてください。

 

PAGE TOP