ブログ

【越境EC】Amazonプライムデー・メキシコ市場にも注目!

こんにちは!
アメリカ在住の川俣です。

今年も全世界的に
【Amazonのプライムデー】が
盛り上がりましたね!

 

Amazonは、
この期間に売れた商品の数が、

「全世界で1億7500万点」を
超えたと発表しました。

今年は
「過去最長の48時間開催」だった
ということも後押ししましたね。

 

メキシコでもプライムデーは大々的に行われる。

 

私は、仕事柄、
アメリカに住みながらにして
国境を越えてメキシコに
週2~3回は行くのですが、

<メキシコ国内でも>
至る所に、
プライムデーの看板が
大々的に掲げられていました。

 

メキシコでプライムデーが
開催されるようになったのは
2017年から。

日常メキシコで目に付くのは
小売、飲食、ホテルなどを中心とした
アメリカ外資系の会社の多さなのですが、

「ECビジネスにおいても
その影響の大きさ」を感じます。

 

あるメキシカンの同僚は、この二日間だけ
プライム会員になるのだ!とか、、

 

プライムデーとはいったい何??

 

そもそもこのプライムデーですが

Amazon.comのサービスが開始された
1995年7月16日から20周年を記念して、
2015年7月15日に開催されたのが始まりです。

2015年に開催した時は、
アメリカ、日本、イギリス、スペイン、
イタリア、ドイツ、フランス、カナダ、
オーストリアの9カ国で行われました。

以降、毎年7月に開催され、
年々開催国も増え、
規模も拡大してきています。

 

また、
ここ数年アメリカでは
小売大手ウォルマートやターゲット、

電子商取引大手イーベイが
Amazonのプライムデーに合わせ
独自のセールや
プロモーションを展開しています。

 

今年のプライムデーには
アメリカのEコマースの売上が
20億ドル(約2,160億円)を超え、

Amazon以外の大手小売業者の
売上も64%アップ!

 

その他の一年を通じた
主なイベントとしては、

5月のメモリアルデー。

9月のレイバーデー。

そして、

11月のブラックフライデーとサイバーマンデー。

年末のクリスマス商戦への続いていきます。

人口の増加に伴いEコマースの売上は年々右肩上がり。

次は年末商戦に向けて準備を進めていきましょう!

PAGE TOP