ブログ

【越境EC】カナダECサイト利用者ランキング1位はAmazon!2位はebay!3位は?

こんにちは!
カナダ在住の池長です。

先週、今後更にカナダのEC市場が
拡大していく事が予想されると
お伝えしました。

カナダのEC市場規模は
他の国同様、毎年増加傾向にあり、
2019年の市場規模は3.9兆円以上と
予測されています。

これは2016年の約2倍の規模です。

成長を続けるカナダのEC市場、
販路を拡大したいと考えている方にとって
利用者が多いサイトを知ることは
とても重要だと思います。

以前にも軽くお伝えしましたが、、
カナダで良く使われているECサイトは

1位 Amazon.ca
2位 eBay.ca
3位 Walmart.ca

です。

1位 Amazon.ca

日本やアメリカ同様、カナダでも
Amazonが群を抜いて利用者が多いです。

「プライム会員」は
毎年どんどん増えています。

Eコマース調査会社によると、
今年のプライムデー初日、
オンラインショップの顧客は

<eBay>と<Walmart>を
合わせた売り上げの
「10倍以上」のお金をAmazonに
費やしたそうです。

今年のプライムデー初日の売上げは、
昨年より53%増えており、
来年は更に増加することが予想されます。

アメリカに比べるとまだまだ品揃えが
少ない為、今でもアメリカのAmazonを
利用する人も多いのですが、

取扱商品は年々増えており、
今年のホリデーシーズンはまた
販売記録更新する可能性大です。

2位 eBay.ca

世界最多の利用者を持つ
<インターネットオークションサイト>
が2位につけています。

Amazonには売っていない
コアな商品を手に入れたい人は
eBayを利用する人が多いと思います。

私の息子は<ポケモン>が
大好きなのですが
Amazonには商品が少なく、

文房具等、キャラクター商品を
購入する際はeBayで探しています。

Amazonより商品価格が安い場合が多く、
ペイパルで支払いができるのも強みです。

3位 Walmart.ca

言わずと知れた世界最大の
小売事業者ですよね。

Amazonに対抗するために
オンラインショップにも力を入れており、
カナダで3番目に利用者が多いサイトです。

実店舗がある事が強みですが、
やはりAmazonに比べると
品ぞろえが落ちるので、

数年ほど前から
【サードパーティーセラーの受け入れ】
を始めています。

ただし、今現時点では
誰でも出店できるというわけでありません。

Walmartが販売していない
商品をカバーでき、
なおかつ在庫を持っている
セラーに限られるようです。

Amazonと対抗するために、
今後更にセラーの受け入れを
拡大する事も考えられます。

商品セレクションが増えることにより
利用者の増加が期待できるので、
今後の動きに注目です。

ちなみに4位はBest Buy Canadaでした。

Prime Dayは終わりましたが、
8月中旬には多くのサイトで
Back to Schoolセールが
予定されています。

9月から始まる新学期に向けて
学校の持ち物であるリュック、
ヘッドフォンや文房具等が
良く売れる時期です。

毎年恒例のイベントに乗り遅れないように
準備していきたいですね。

 

 

PAGE TOP